mrny+chomoの毎日 介護について思う
2014-10-04(Sat)

介護について思う

義父の一周忌が近くなったので 介護について思うことを書いてみようと思う


2011年の夏
久しぶりに遊びに行った実家で義父から足が大きくなって靴が履けなくなって困っている
と足を見せられ
パンパンに浮腫んでいる足をみて大きな病院に通うようになる。
肺に水が溜まっていて水を抜いたり
動脈瘤で血管が6センチ 手術できる体力はなし・・・
腎機能が非常に悪く透析治療目前の状態


文化の日 確か週の中日あたり
毎週末訪問しているので今日は自宅でゆっくりしようか・・
と朝は考えていたのに何故が出かけて
ベッドの上で緑色の液体を吐いていた義理の父が救急車で入院
のちに吐いていたものは胆汁とわかりました。
あの日、行っていなかったら義父は週末までは生きていなかったと思う。

胃潰瘍もあり、心筋梗塞一歩手前で
カテーテルの手術を受け、
思ったより梗塞箇所が長く1本のカテーテルの予定が
2本入れたとのこと。

入院中に腸閉塞になり、2度治療を受ける。
2か月の入院で
担当医からも多臓器不全と言われての退院でした。

「こんな年寄に頑張れ!と言われても・・・」
っと、リハビリに熱心でもなく
でも、寝たきりではなく
トイレには自分で行ける状態まで頑張り帰宅しました。

でも、自宅に帰っても
ベッドで横になる毎日でした。


老老介護の始まり。
やはり、夫婦だから
他人には優しく応対できても夫には厳しい
妻も同じ
お互いに年を取り
自分自身も体調がいい日ばかりではない。
介護者が体調が悪くなると
途端に介護ができなくなる。
SOSを出すことも遅れてしまう

今の世の中
若い世代は結婚しても妊娠しても出産しても
会社に復帰して共働きしている家庭が多い。
子供はどんどん成長して手がかからなくなるけど、
介護は違う。
どんどんわからなくなっていく。
生きることに悩む。なんてことはたぶん無い。
食べて、寝て、の毎日。
デイサービスでは
生活を楽しむことを教えてくれたり、
季節を楽しむために
いろんな処に連れて行ってくれたりする。
結構、楽しいようだ。
だけど、自宅に戻るといつもの生活。
仲が悪いのでおしゃべりはしないし、介護者は疲れ果てる
ストレスとの戦いである。


一昔前は、給料が上がらない。
50才過ぎたら、窓際なんて聞かなかった。
年金は払っているが期待できない、自分で老後の資金は貯めましょうなんて
年金をハコモノに投資して失敗したことも忘れかけている。
昔は同居して、子が親を養い、親は老いては子に従え。と言ったものだ。
今は核家族。
親は年金で暮らし、子は自分の生活の為に働く。
遠隔地に住む人、遠くはなくても、自分たちの生活を犠牲にして親世帯の自宅に通う。かなり負担だ。
老老介護をしていると、本人も不安感や疲労感で子世帯に頼る。
子どもの数が減り、子世帯は親世帯二つ抱えないとならない。

政府の方針?
病院や介護施設で最期を迎えられる人がすくなくなるのかな?
病床は治療の必要がなければ入院できない。
自宅介護。
核家族により、老老介護。
学費などで仕事は辞められないので、平日は仕事、毎週土日は実家通い・・・
介護者もだが、介護者を支えるための
実家通い。
それも誰が看るべきなんて法律もない。
子供だから・・・
長男だから・・・
で、子供が何人かいても結局はお兄ちゃんが看てくれてるから・・っと
一人の子世帯の負担になる

かかわっている子世帯は休みがない。が実情。
介護者も大変だが、介護者を支えるための子世帯の努力
政府はわかっているのだろうか?


育児のための制度が充実されているなか
介護の制度は老人の数がふえ施設が足りないので
自宅介護が中心になっている。
これから増える介護者支援の制度を充実してもらわないと
仕事も辞めることはできないし
老老介護で不幸が起きないことを祈っています。
育児は母がして自立したら仕事に復帰すればいいとも思う。
自分でわが子の成長や葛藤を見ることなく
仕事しているのはどうなんだろう?
やりがいのある仕事と引き換えにならないくらい子育ては真剣でした。
なぜ他人に自分の子の子育て任せられるのだろうか?



勝手に遊んでくれる子供と
壊れて行く老人
どっちが手がかかるか・・・
やはり育児者より介護者の負担のほうが大きい。
保育園より介護施設のほうが必然じゃないだろうか。
仕事をしないとローンの返済が心配なので辞められない。
仕事を辞めたら、介護の負担がやってくる。
親の介護が仕事として金銭面でお給料がもらえて生活面で心配が無くなるのなら
仕事を辞めて、介護を選択する人もいるのかな?
これから増えていく壊れていく老人。
病気があれば入院治療をしてくれるが病気もなければ生活支援で自宅介護。




そんな義父も2年の介護生活、自宅とショートステイを繰り返し
最後は腎機能不全で亡くなりました。
もうすぐ一周忌になります。


遺された義母は今まで義父とは
仲が悪かったのですが
一人になると
いままで早く一人になりたいと言っていたのが
文句を言う相手がいなくなり、寂しくなったようです。



3月に転倒で骨折をきっかけに
サービス付高齢者住宅に入居。

毎週週末、食べ物をもって訪問。
休みのない毎日。グアムでは羽を伸ばすことができましたけど


先の見えない話です。
こちらが疲れて倒れないようにしないと。


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

PR

お知らせ
コメントは承認制とさせていただいています
いくつになったの
プロフィール

rika*!

Author:rika*!
ブログのご訪問いただきありがとうございます。
家族4人と2匹に増えたわんことの毎日をUPしております。
料理と旅行が大好きで旅行記や
共働き夫婦の親の介護
思いがけない病気「大腸がん」との闘病などなど

♡ mrny家のわんこ ♡

平成20年3月8日生まれ
ミニチュアダックス:ちょも
平成20年5月24日にmrny家に第3子として仲間入り!♡

平成22年10月17日生まれ
ミニチュアダックス:はち
ちょもの妹としてお迎え♡

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ちょも 人間化メーカー
はち 人間化メーカー
フリーエリア
フリーエリア
ランキングに参加しました。是非励みになりますのでポッチッと押してください。
検索フォーム
手術から5年完治
お気に入り
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア